国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 両利きの効用

<<   作成日時 : 2016/07/07 08:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の幼い頃は多分左利きだったと思う。中学柔道部に入った時、柔道部顧問が私の稽古姿を見て、「お前は左利きだ」と言って、左利きの取り組み方を教えてくれた。確かに利目と利耳もそれぞれ左だし、もともと左利きだったのを、恐らく母が手だけは右利きになるように躾けたのだろう。大正生れの両親は、「左利き」は将来差別されるだろうと心配したからだと思う。

だからかもしれないが、私は無意識に左手でモノを持つ時が多い。純粋な右利きは、左手をほとんど使わないらしい。だから左手と右手の握力を比べると、右利きの場合、右手の握力が左手のそれよりかなり強い。私は左手の握力が右手のそれよりも強い。

中学生の時、柔道と掛け持ちでサッカーをやっていた。その時、左足を使ったシュートも難なく出来ていたから、足も左利きだった事が分かる。

という事は、私の右腦が利脳なのだろうか。なるほどと思い当たる事あり。私は音楽が大好きで、中学生の頃からギターを弾き、アメリカンフォークソングを良く歌っていたが、これも右脳が強く関与していたためであろう。ギターの弾き方は誰にも学ばなかった。

これはさて置こう。

私は、机の正面にDesktop PC、右側にLaptop PCを置いて仕事をしている。その時、右手で鼠(mouse)を使うと、Desktopの右側を鼠を動かすために少し広く取らななければならなくなり、右側にあるLaptop PCが使い辛くなる。困ったなと思いながらも、強く気にしていなかったため、その状態でしばらく二台のPCを使っていた。

一昨日、思い出した。「そうだ、おれは左手で鼠の操作が出来るから、Desktop PCの鼠の機能を左手用に変更しよう」

それで、早速以下の写真のように二台のPCを心地良く快適に活用している。

画像
            Desktop PCの鼠が左側にある。

画像
            Laptop PCの鼠が右側にある。

今このお蔭で、机の有効活用が出来ていて、気持ちが良い事この上ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
両利きの効用 国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる