アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「英語」のブログ記事

みんなの「英語」ブログ

タイトル 日 時
欧米系企業顧客100%
 異文化意思疎通研修講師として既に18年が経過した。産能大学国際部から委嘱を受けて大手情報機器製造会社に勤める管理職者が海外に赴任する前研修を提供する仕事がその始まりだった。その頃から約10年間は日本企業の国際化に資するための異文化研修を提供していた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/30 10:50
商業英語に関して:第2弾
 先に『商業英語に関して』という題で私見を述べた。後で読み返したら、もう少し追記すべき重要な事項があることに思いが至り、この稿でそれを補いたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/28 09:48
英語を教える先生の英語力判定は簡単
英語を指導している先生は多い。さらに英日及び日英翻訳・通訳の仕事をしている人も数多くいるし、会社で英語を使って日々仕事をしている人達も多い。彼らは、普通一般の日本人から見ると、英語の達人である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 11:02
日本語がきちんと使えれば英語力は早く身に着く
商業主義に乗っかり、英語学習のための意表を突く様々な売り言葉が眼前に展開している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 10:28
井上英和大辭典
井上英和大辭典 手記の辭典は大正時代に出版されている。私の父はこの辭典を舊制中學及び大日本帝國海軍通信學校で使っていた。私はこれを今から7年前、神保町の大雲堂で見つけてすぐに購入した。この本の最後の頁に橋爪という印鑑が押されていた。たぶんこの人は我が父と同じく、大正時代にこの辭典を買い、英語を勉強していたのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 11:36
続:ビジネス英語の不思議
 以前以下について投稿した。 http://office-tomishin.at.webry.info/201212/article_1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/07 08:55
片仮名語の恐ろしさ
 多くの日本人は英語を片仮名表記して使いたがる。例えば、NHKのラジオ・テレビ解説者が大変好きな片仮名語にライトアップがあり、これを耳にする度に思う。「なんで照明や明り・灯(あか)り、灯火・燈火(ともしび)などという素敵な日本語を使わないのかな」と。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/03 09:44
言葉が持つ力:言霊について
 私はビジネス英語を日本人に教えている。そのために尋常ではない、いや、非常なる苦痛を伴う努力に努力を重ねて英語力を身に付けて来た。ところが人に英語を教える時、楽しく英語を学ぼう、と言う。なぜならば、人は努力や苦痛を嫌い、楽して技能を身に付けたいと思うからだ。私のように他人様に技能を指導する人を育てるのではなく、通常人が技能を身に付けるのをお手伝いする訳だから、苦痛を伴う勉学をするような事を他人様に強要する事は一切ない。苦痛を伴わず楽しく英語力は身に付く。それはあくまでも指導的立場を目指すのが目的... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/13 09:59
青山学院Hicon・ビジネス英語講座・英語を使った自己表現
青山学院Hicon・ビジネス英語講座・英語を使った自己表現 昨日、青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社(通称:青山学院Hicon)で4月から開講する予定で第3回目の無料体験講座が実施されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/23 15:57
青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング
青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング 読者の皆様、本年は更により良い年でありますよう心からお祈り申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/07 15:44
無料体験講座のお知らせ - ビジネス英語講座:『英語を使った自己表現』
 以前この場でお知らせしました青山学院ヒューマンイノベーションコンサルティング(「青山学院Hicon」)が提供するビジネス英語講座の第I講座「英語を使った自己表現」の体験講座が11月9日及び10日に行われます。その案内が青山学院HiconのWebsiteに以下掲載されましたので読者の皆様にお知らせ致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 20:21
気になる専門用語 - ウィルス
 小中高大(1970年代まで)の教育でVirusはビールスと発音して学校で教えられていた。当時の新聞、雑誌、専門誌でもそうであった。いつの頃からかVirusがウィルスと発音され始めて、今日に至っている。恐らく以前の厚生省と医学業界が結託して、発音を改悪したのであろうと推測する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/02 11:58
East Stroudsburg Universityを歩く
East Stroudsburg Universityを歩く  去年の5月Pennsylvania州にあるEast Stroudsburg UniversityをInternship Projectの打ち合わせのため訪問した。その時撮影した写真を以下掲載してみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/20 16:28
動きが加速中!
 今日は大手町で素晴らしい打ち合わせが行われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/18 22:31
ソウルから受注した英日翻訳
 実に人生は不思議なり。一週間前、突然韓国ソウルから連絡があり、英日翻訳の仕事を請けた。私は通常英日翻訳は請けない。なぜなら、日本では英日翻訳者が多過ぎて、その結果、過当競争が存在しているために、非常に安い値段が横行し、まさに無秩序状態にあるからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/28 11:10
ビジネス英語研修用の教材 『英語交渉の達人になれる本』
ビジネス英語研修用の教材 『英語交渉の達人になれる本』  3年前、米国オレゴン州ポートランドでパシフィック・ドリームス・インクを経営されている酒井謙吉社長のご要望をもとにして一気に書き上げた本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/26 11:51
美しい人命のために???
 我が友人のBlogに感想投稿があり、その人のBlogに行き、そこに登録してあったBlogを覗いたら、以下の記述に目が留った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/22 20:40
私の英語勉強法
 先に「「英語を勉強しないでモノにする」について批判的な事を書いた。批判だけなら誰でも出来る。そこで、「私の英語勉強法」なるものを書いてみむ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 11:47
「英語を勉強しないでモノにする」について
 最近、首記のように「英語を勉強せずにモノにする」という類の宣伝文句が目に飛び込み、それこそあっと驚くタメゴロウの状態に陥った。これほど一般日本人を馬鹿にした宣伝文句はないだろう。小学校に行く前の子供だって、勉強せずに英語が身に付くなどとは思わない筈だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 11:14
英語と日本人
Twitterの投稿で、「英語について」というBlogが目にとまった。 saerealという筆名で韓国人のTOEIC熱と日本人の英語力についての話だ。 内容については、私も同意する点が多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 19:57
Old Timers
 もう20年ほども前の事になる。千葉県内で車を運転しながらAmerican Forces Network(AFN)のラジオを聴いていたら、old timersと聞こえる特集番組があり、物事を忘れるなど様々な症状を述べていたので、なるほど年寄りは物忘れがひどくなるからな。それにしても、この忘れようは病気だ、と思うと、米国人の医者の解説者もOld timers diseaseと言うじゃないですか。しかし、途中から、なんでOld timersだろう、と怪訝に思い、自宅に着くや、外国に居た時に買った家庭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/28 19:07
日本経済新聞本社Space Nio:無料セミナー
 以下の要領で無料セミナーを開催しますので、皆さまにお知らせ致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/18 16:46
ある日英翻訳の引き合い
 約10日ほど前、某翻訳会社から電郵を貰った。大量の日英翻訳案件だった。通常、この手の引き合いは、大勢の翻訳者に一斉に同報連絡するので、相手先の名前を書かない場合が多い。このような電郵に対して、私は一切連絡もしないし、ゴミ箱に即捨てる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/18 09:26
英語の難しさ: 第5回 a letter or letters
 再び千絵さんが昨日の私の返信投稿にTrackbackして下さいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/31 12:42
英語の難しさ:第4回 difficult to write a letter or letters?
 私のBlog友達の一人の千絵さんが示唆に溢れた意見を彼女のBlogにTrackbackして下さいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/30 14:31
英語の難しさ: 第3回 言葉の概念理解について
 最近の日本における英語教育において、どうも英文法がおざなりにされていると聞く。それは、英語ばかりでなく国語にも当てはまるようだ。それについては後ほどもっと詳しく言及するとして、非常に驚くべきことの中に、冠詞と名詞の関係は、どうやら多くの日本人にとって、それが文法の範疇には入っていないようだ、という事が上げられる。そもそも英文法そのものが苦手なようなので、何が文法かと問われると、「文法知って英語が話せるんですか?」と逆に聞かれたりする。そのことから判断して、学校では、文法はモノの役に立たないと判... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/07/14 11:03
英語の難しさ: 第2回 冠詞は名詞につくアクセサリーではない
 1997年、今から13年前のことだが、当時私は、○△大学国際部から委託を受けて、異文化コミュニケーションの講師として、○△大学と提携している企業向けに異文化コミュニケーション術を指導し始めていた。この大学はコンサルティングと研修を企業に提供しているかなり独特の教育機関である。今も健在だが、残念ながら国際部は閉鎖している。だから、私もそれと同時にお払い箱になってしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/13 13:52
英語の難しさ: 第1回 reasoningとreason
 4月24日に宮崎でJAT主催のIJET21において講演した。5月13日には、JTF主催で講演を行った。そして7月2日に再びJTF主催の講演を行った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/12 14:21
社団法人日本翻訳連盟(JTF)主催公演
 以前からこのBlogでお知らせしていました公演が7月2日無事に開催されました。この事については、私の相方である神永ナオミさんのBlogでも既に紹介されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/07 14:34
7月2日の講演: 再掲
社団法人日本翻訳連盟(経済産業省支援)講演のお知らせです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/29 17:54
大前研一ビジネス大学院提供特別セミナー
A friend of mine working for Oomae Kenich Business School informed me of the following seminar programmed by her. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/27 21:36
英語でTwitter
 本投稿の直前に「国際〜評論家」の国際内弁慶について語る中で小生が英語で海外に向けて情報発信していると書いた。それを以下紹介する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 09:26
久しぶりに翻訳論: 意思疎通と関連して
 5月13日、社団法人日本翻訳連盟理事の佐藤晶子さんのご推薦を得て、彼女と共に「金融案件日英翻訳」と「翻訳を超える仕事」に関する講演を行いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/16 22:36
JTF平成22年第1回講演
 来る5月13日に社団法人日本翻訳連盟主催による講演を以下の要領で行いますので弊Blogの読者の皆様方にお知らせさせて頂きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 18:31
JAT主催IJET21講演
JAT主催IJET21講演  先の4月24日は宮崎市内の宮崎観光ホテルでJAT主催のIJET21において講演を行いました。演題は、以下の通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 18:26
「語学力ゼロで8カ国語翻訳できるナゾ」とは?
 お互いのBlogを関連付けている千絵さんが首記の題で面白い意見を投稿しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/23 18:16
Internet and Communications Technology (ICT)と国際業務
 2月19日に、日経デジタルメディアにおいて、首記の講座を提供する。しかし参加者は、日経テレコン21の契約会員のみに限られ、既に、参加応募は締め切られている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/15 10:02
四半期決算電話会議の英訳
 去年の4月頃、私が日頃お世話になっている仕事上の大先輩が不特定多数の人達にインドのムンバイから彼に届いた日英翻訳案件の紹介をして下さった。数百名の人達に一度に同報されたために、私は、凄い競争率だと思いながらもその仕事に応募してみた。それは、日本企業決算報告書の英訳であった。それ以上の詳しい事は分からず、とにかくインドに電郵した。もちろん、英語で書いて、英語の経歴書も同封した。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/02 14:01
忘年会!
忘年会!  昨日、お世話になっている取引先のご招待で赤坂のANA Hotel最上階(37階)のSeriusで開催された忘年会に出席した。この取引先は、デジタイズド・インフォメーション(通称DigInfo)といって、ビデオを活用した企業及び事業宣伝業を展開している。しかも、日本語及び英語の両言語で作成する能力を持っている。小生は、この会社と協働事業を展開するための覚書も締結させて頂いている。また翻訳業も手がけていて、私も、日英翻訳を頂戴した。だから忘年会には日本人と英語人の翻訳者が多数参加し、英語と日本語が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/23 15:56
商業英語 Business English
 久しぶりに英語で〜〜〜す。どちらかと言えば、こういう主題の方が、口もとい指が良く動きます。針縫いの事を運針と言うように、指を動かすのを運指(うんし)と私は勝手に呼びます。運と口を合わせると、発音が宜しくないので、それは流石に止めて置きます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/22 21:00
英語について-その4
 次の本もまたAurthur Hailey著のMoney Changersでした。私はこの本を僅かの3カ月で精読しました。既に二冊を読破したという事は、そこで見出した知らない単語を全て丸暗記した事になります。最初の本は2500語知らない単語がありました。しかしながら、本一冊全体で約25万語が使われていたので、その中、僅か1%を調べるのみだった事になります。最初に味わった絶望感は、目的を達成した時、私をしてこう思わしめました。「現時点の能力を基に先を予測して悲観する事なかれ。」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/25 10:42
英語について‐その3
 何を決心したか。それは、まず買った二冊の英文法書を精読し、その内容を頭に叩き込む事。何年掛かっても良いからとにかくそれを実行する、と決めました。次に思ったのは、良質の英文小説を精読する事。その理由は、精読しながら、冠詞と名詞の関係を、洗い出して、その中から、英語人自身が自然に身に付けている冠詞と名詞の法則を発見し、それを身に付ける事でした。私にとって、その時英語学習第四段階に突入していました。それは、1987年2月でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/24 20:48
英語について-その2
 私は、シンガポールを離れ一時日本に帰国し、すぐにロンドンに発ちました。そしてロンドンの西側に位置するSurreyという行政地区にあるNew Maldenという緑の多い郊外に長期逗留しました。それは1987年初頭で、私が35歳の時でした。私はシンガポールで努力を重ねて、ある意味英語力において、内心、「俺ほど英語力のある日本人はそんなに多くはいないだろう」と慢心していました。当時の私は、電子、電気系統の書物に加えて医学書や先端物理学書を英語で読み、高度な科学情報を英語で取得していました。もともと天... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/24 19:28
英語について-その1
 私は、大学生時代の19歳から米軍基地に勤めて、米国文化とりわけ米海軍文化に直接触れる事が出来ました。特に私が若かったせいもあり、その異文化衝撃はとてつもなく大きく、思えばその時以来、私は、変化し続けて来たようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/24 11:29

トップへ | みんなの「英語」ブログ

国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー 英語のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる