国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 四十七年間

<<   作成日時 : 2015/10/25 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 手書日記帳と當Blogの大きな違いは、分かつてゐる事だが、前者は誰にも読まれたくないが、後者は第三者が読むであらう事を前提としてゐる。今更ながら、こんな當りまえの事を書いてゐる自分が可笑しい。

 だから、Blogなるものは、本当の思ひを隠し飾つて書く。そこに欺瞞と虚飾が存在してゐる。だから読み返したくないのであらう。

 手書日記帳は、赤裸々な思ひを書く。これは自分との闘ひでもある。余の内面に存在する本質的な部分に触れる時、書く手が止る。そして葛藤が起き、それは時に数時間、数日、数週間あるいは数箇月も続く事がある。やがてその事を忘れる。いや、内面の真実と直面したくないために、無理矢理忘却しやうとするのであらう。

 四、五箇月前、日記を書いていた時、余は十七歳の頃に陥つた鬱病を思ひ出し、それとやうやく直面した。あれから四十七年も經過してゐる。鬱病はすつかり治つてゐたと思ひこんでゐたが、さうではなかつた。まだ若かりし頃に罹つた心の病を余の内部深くに仕舞つてゐた事が分かつた。

 精神の葛藤を四十七年も続けてゐたとは・・・

 だから、余の精神は未だ若いままでもある。

 鬱病に陥るのも満更ではない、と書くのは、これがBlogだからである。

 萬年筆で右から左へ縦にしかも正漢字と歴史的假名遣ひで書く日記帳には、恐らく別の事を書くであらう。さぁ、これから再びその重大な心の問題と直面し闘ふとするか。今までの經驗のお蔭で、その氣力が湧いて來てゐるのを感じてゐる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四十七年間 国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる