国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国が抱へる経済問題と第3次世界大戦の危機

<<   作成日時 : 2014/10/23 10:21   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 小生は『宮崎正弘の国際ニュース・早読み』を拝読してゐる。彼は高名な中国専門家であり、彼の情報収集は素晴らしく、彼が報道する内容は驚嘆に値する。

 最近非常に驚いたのは、「平成26年(2014)10月16日(木曜日)通巻第4362号」と「平成26年(2014)10月23日(木曜日)通巻第4372号」である。

 
 前者の配信の要点は以下の通り。
 「2002年から2012年までに中国から不正に海外へ流れたカネの総額は3兆7900億ドル(約400兆円)」

 後者は:
 「年内に償還期限を迎へる地方政府の債務は、2013年六月末で17兆9000億元(邦貨換算322兆円)
 シャドーバンキングの貸付総額は、600兆円を超える」

 そうすると中国が抱へる問題のある資金総額は1322兆円となる。他の負債を加へると、もつとあるであらう。

 なぜ中国経済は崩壊しないのだらうか、ふと思ふ。中国は日本や西側諸国とは異なる情報統制を行ふし、経済数値は操作する。それで西側金融機関もその実態を知らないやうだ。これは主に西側諸国の金融専門家が良く言ふ事だが、小生の考へでは、彼らは本当の情報をつかんでゐるし、本質も理解してゐる。

 本質とは何か。中国経済は既に崩壊しつつあるし、それが世界に及ぼす影響は計り知れない、といふ事だ。

 つまり、対策がない。だから経済評論家は事実を直視せず、事が進行するのをただ傍観するのみ。

 かういふ危機に最も強いのは食物生産業者である。食ふ事が出来れば、生き延びる事が出来る。恐らく食料品の値段が凄まじく高騰するであらう。この地球上では餓死者が続出するであらうし、それが原因で政情不安となり、世界規模の戦争、つまり第3次世界大戦が起きる危険性が高い。

 小生は今暗澹たる気持ちに陥つてゐる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国が抱へる経済問題と第3次世界大戦の危機 国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる