国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS DOCOMO smart phone

<<   作成日時 : 2014/02/13 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週ドコモのSmart phoneを購入した。機種はDocomo Aquos Zeta SH-01F。私はSmart phoneを取得するのをかなりの間ためらっていた。流行に乗るのがあまり好きではないからだ。アップル社が初期のSmart phoneであるiPhoneを発表したのは、随分前になる。皆こぞってそれを購入し始めたが、私は、旧来の携帯電話のみを、もっぱら受信専用に活用してたし、通信は主に軽量PCに依存していた。

 その理由は、軽量PCを持ち歩き、Emobileの無線LANモデムと併用しながら、SkypeやGoogleのHangoutを使い、顔を見ながら会話をしていたし、しかもGoogle Cloudを活用しながら、仕事の打ち合わせもそれで行っていたし、不便を感じていなかったからだ。

 しかし、最近、欧米の顧客が来日し、私と会う度に、彼らはiPhoneを携帯し、日本にいてもあたかも本国にいるかのようにそれで私と通信する様を見るに付け、これは何とかしなければならない、と思い、インターネット上でいろいろと情報を入手し、まずDocomo Tabletをを購入した。

 理由は、旧来の携帯電話をそのまま維持し、EmobileのWiFiモデムを活用し、軽いTablet上でSkype, Hangoutを使えば、従来の軽量PCを持ち運びする必要がないと、思ってを購入した。その時高速LTE通信なるものが可能で、その制限が7GBとあったため、WiFiモデムを活用し、出来るだけLTE使用を減らす事を思い、更に、Bluetoothを使用すると、タブレットが離れたところにあっても、耳にBluetoothヘッドセットを付けた通信が可能な事を知り、Tabletを購入した。しかしだ、Bluetoothの電波とWiFiの電波が相互干渉を行い、実質的にBluetoothが使用できない事が分かり、Tabletを購入後僅か2週間でそれを手放した。

 その時、ドコモ店と揉めに揉めた。Tabletを購入する時、WiFiでもBluetooth使用が可能だという説明を聞いたし、更に、商品説明書にはWiFi電波とBluetooth電波が干渉し合いかもしれないという注意書きはなかった。 タブレットに有線のHeadsetを付けると、電波干渉はなく、WiFi活用でもなんら問題はない。これはドコモ店が後程主張したのだが、あの大きなタブレットをポケットに入れて、有線ヘッドセットを活用する事は、実質無理だ。私がタブレットを購入した目的の一つには、タブレットをどこかに置いたままにして、WiFiとの併用でBluetoothを活用した簡便な通信を仕事の発展のために活用したいという事があり、その目的が達せられない。ドコモ店は私の説明を聞き入れてくれた。

 相手がそうしてくれるなら、こちらも気分が良くなる。返品及び返金手続きが終了した後、私は、Aquos Zeta SH-01Fを現金で購入した。これもタブレットと同様、WiFiとの干渉が起きるために、Bluetooth使用は出来ない。Smart phoneとタブレットはLTE使用を前提として設計しているらしいと言う事が分かる。それは既に分かっている事なので、問題はない。有線ヘッドセットを使い、Smart phoneでWiFiを活用しながら、Skype、Hangoutなど十全に活用し、相手の顔を見ながら、仕事の打ち合わせに役立っている。

 どこの通信機器販売会社に勤める従業員もほぼ同じだが、SkypeやGoogleなどを活用すると、固定電話及び携帯電話を呼び出し、通話できる事を知らない。私はSkypeのUnlimited World役務を定額で購入し、そのお蔭で日本を含む約40ケ国以上の固定電話に無制限で電話する事が出来るし、Canada, China, Guam, Hong Kong, Puerto Rico, Singapore, Thailand, United Statesなどでは、携帯電話にも無制限通話が可能だ。だがこの役務と活用方法について販売担当者は理解できない。そこが重要な論点なのだが・・・

 これこそDigital Divideの好例の一つだろう。

 今、私はDocomo Aquos Zeta SH-01Fを購入し、それを活用しながら、全世界にいる友人と顧客と通信を楽しんでいるし、これから、私の仕事が更に増える予感を抱いている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DOCOMO smart phone 国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる