国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 異文化交流促進講演 主催:スペース結(ゆい)

<<   作成日時 : 2014/02/04 18:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 柏市大津ケ丘の小さな商店街に「特定非営利活動法人(NPO)ワーカーズコレクティブういず」が運営しているスペース結(ゆい)というお店があり、私は時々家内と共にここでお茶とコーヒーを頂きながら、店の人達と世間話などをしている。一月ほど前、このNPO代表がお店にいらして、その時に、私が現在仕事として実施している異文化経営コンサルティングについて若干お話をし、その延長上で、近年増大している外国人と日本人の文化摩擦について、それを乗り越える方法などについて、私が講演しましょうか、と提案したところ、その案を承諾して頂き、とんとん拍子にその予定が決まった。

 以下はその概要

【日時】: 平成26年3月15日(土):13:00-15:00

【参加費用】:500円

【場所】:大津ケ丘スペース結(ゆい): 柏市大津ケ丘3丁目中央商店街102

【電話】:04-7134-7201

【講師概要】 冨永信太郎

【主な内容】
 日本ばかりでなく、どの国も国際化は止める事ができないばかりか、益々それは加速する。日本には既に多くの外国人が住んでいるし、日本人と結婚し、混血の子供も生まれている。このような状況は、近年急速に拡大し、日本の歴史上初めての現象であろう。だから外国人と日本人の間で文化的衝突も起こり始めている。

 東洋と云っても広い。日本人は韓国人と中国人と比べると大変に異なる文化を持っている。例えば、中国・韓国人は友達同士では遠慮しない。しかし日本では「親しき中に礼儀あり」という諺を持っているように、どんなに親しい友人になろうとも、ある一定の遠慮をしたり、最低限の礼儀を欠かさないように注意する。この日本人の文化的習性に中国・韓国人は違和感を持つようだ。彼らは「日本人とはいつまでも友達になれない」と思ってしまう。

 これはほんの一例だが、文化的差異から発生する摩擦と云って良い。

 3月15日の講演では、他の例を述べながら、どのように異文化摩擦を乗り越えて行くかについて、楽しく語って行くつもりだ。

 このお知らせを読んだ人、請うご来訪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お世話になっております、家内から講演のお話を聞きました!
グローバルな今の時代にはピッタリなテーマですね。
講演している格好いい冨永さんを見たいところですが、
貧乏暇なしということで当日はアルバイトが入っており伺うことができません。
微力ながらフェイスブック、ホームページにて告知させていただきました。
15日が素敵な一日となることを心よりお祈り申し上げます。
ゲンキ
2014/03/10 14:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
異文化交流促進講演 主催:スペース結(ゆい) 国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる