国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS ビジネス英語の不思議

<<   作成日時 : 2012/12/15 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私もビジネス英語を人に教えているから、こういう事を書けば、恐らく私の職業観に疑問を持つ人もいるかもしれないが、本日強く思う事があり、筆を進める。

 今日(平成24年12月14日)の昼に放送されたNHKラジオ第1放送の「ここはふるさと」をインターネットで聞いていた時、賓客として鈴木重子さんが招かれNHK解説者と共にラジオ出演していて、鈴木さんの話があまりにも上手く、良く訓練を受けたNHKの解説者と負けず劣らずの美しい日本語を淀みなく話すの聞き、彼女の事をインターネットで調べて、彼女の聡明さがどこから来ているのかが良く分かった。その時、インターネットNHKラジオ実況放送用の「らじる・らじる」のPop-up画面の下にNHK第2ラジオ放送による「実践ビジネス英語」講座の案内が出ていたので、ちょいと寄り道し、そこを訪問してみた。

 通常、私は、こういった英語番組にあまり興味はない。それは実践的な内容になっていないからだ。しかし、もののはずみというか勢いというか、それで、「実践ビジネス英語」を聞いてみたら、" Hospital Food, Airline Food(病院食、機内食)"という題目の英会話が展開されていた。

 そしてふと思った?はたして病院食と機内食の違いは、ビジネス英語の範疇に入るのだろうか、という疑問が生じたのだ。

 私は海外に長く住み、様々な仕事をして来ている。インドネシアではインドネシア語を学びそれを使い南洋材伐採の仕事に従事し、シンガポールでは、学生時代に米軍基地で働き仕込まれた英語を使って電子部品製造会社を立ち上げて経営した。欧米にも電子部品マーケティングの仕事で長期間滞在し、転々と移動を繰り返した。飛行機にも数えきれないほど乗っている。様々な機内食も胃袋に収めた。

 しかしその時使う英語をビジネスに必要な英語と思った事はない。

 更に言えば、私の娘はシンガポールで生まれた。そのために、家内に付き添い、病院にも行き、私が英語を使って家内の症状を医師に伝え、入院し、娘が生まれ、また担当医師と今後の対処方法など様々な事を話し合い頭に仕込んだ。娘が病気の時、病院に連れて行き、娘の代わりに症状を英語で医師に伝えたし、その後家内が第2子を妊娠したものの子宮外妊娠にかかり、輸卵管が破裂し気絶した時、タクシーで救急病院に行き、即手術を行ったのだが、その時、家内の症状を私が英語で医師に説明した。

 それがビジネス英語であるとは思わなかった。

 じゃ何なのだろう。

今思うにそれは日常会話であり、そこにおいて使った主要言語が英語であった、という事に尽きる。

 病院で医師に対して症状の説明をする時必要なのは、体の各部名称を的確に英語で知る事である。だから、シンガポールの書店に行き"Everyday Guide to Family Health"(日本で言えば、『家庭の医学』に相当する)を買い、病状、体の各部名称をその本から得て頭に叩き込んだ。もう一つある。病状を訴える表現、たとえば、しくしく痛い、刺すように痛い、激痛、ちくちく痛む、しみるように痛い、じんじん痛む・・・などの和語表現を英語でどう言う非常に悩み、シンガポール人にそれを聞いて、学習したものだ。

 この状況を日本に置き換えてみると分かるだろう。日本で一般日本人が日本語で医師に対して病状を説明するのは、ビジネス日本語であろうか。恐らく大多数の日本人は、「ビジネス日本語ではなく日常会話の一つだ」と思うに違いない。

 NHK第2放送の「実践ビジネス英語」講座を聞いて、これは「日常英会話」じゃないか、と思ったのだ。

 じゃ、ビジネス英語って一体何なのだ、と別の疑問が湧き上がったが、すぐにそれが分かった。実を言えば、これは非常に重要な事でもある。

 ビジネス英語は、国際事業を行うために必要な英語、と言える。換言すると、まぁ、私がこれまで気付かなかった事なのだが、ビジネス英語なんてないのだ。この言葉に多くの日本人が振り回されて国際事業の本質が良く見えていないのではないか、とさえ思った。

 今後、私は「ビジネス英語」という言葉を使わずに、「英語を使って国際事業に参加する」という題目で日本人実業人の方々に、国際事業推進方法を指導した方が良いのではないかと思った。

 鈴木重子さんという非常に聡明で美しい歌手をラジオで知り、その寄り道をしたお蔭で、非常に重要な事に気付かされた。

 脱線だか本線だか分からないが、それにしても鈴木さんの歌を通じた平和活動は素晴らしい。私は、彼女の大ファンになってしまった。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビジネス英語の不思議 国際リーダーシップ育成コーチ・トレーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる